カバスターネオは2兆通り以上のパターンのカギを作れるらしい

カギは所有者がすべてのコピー(合い鍵)を管理していることが重要です。つまりそのカギによって管理されているセキュリティーが、その所有者以外に有効であるという証が必要となるのです。不特定多数がカギを入手できる状態にあれば、そのセキュリティーには意味がないということになるからです。
登録制で不正コピーを防止しているカギはいくつかありますが、なかでもカバスターは有名なハイセキュリティーシリンダーと認識されています。カギの種類も引き戸用や補助錠など多種多様であり、玄関ドアや窓など、さまざまな場所の防犯対策として、非常に高い評価を得ています。

カバスターネオの特徴のひとつは、通常のシリンダーにはない斜めピンを加えるなどして、2兆通りを超す膨大なキープランを実現している点です。これによってシリンダー内部の構造から合い鍵を作成することをほぼ不可能にしているというのが、カバスターネオの「売り」でもあるのです。さらにカバスターのシリンダーは非常に頑丈にできており、たとえば破錠しようにも非常に手間と時間がかかります。ドリリングなどの実効性をほぼ皆無にしてしまっているとも言われるカバスターネオは、まさに防犯対策シリンダーとして最高級のクオリティーを有しているといえるのです。

カバスターネオのセキュリティー性能の高さを示す事例として、鍵の紛失などで鍵師に依頼した際、多くの業者がピッキングによる解錠は不可能であると主張することです。つまり解錠のプロの技術を持ってしても、壊す以外に開けられないのがカバスターネオというわけです。業者によっては依頼そのものが断られる場合もあり、たとえ破錠による作業と言えども、一筋縄ではいかないことが良く分かります。

こんな無敵のカバスターネオにも弱点はあります。シリンダー構造が複雑すぎて故障しやすいため、定期的なメンテナンスが欠かすと、本物の鍵でも開かなくなってしまうという点です。